■ゲームマーケット2016秋、開催間近!

国内最大規模のアナログゲームイベント、ゲームマーケット2016秋が12月11日(日)に行われます。
多くの法人、個人、団体が参加しそれぞれの作品・商品・成果物を販売したり、実際に触って体験する事ができる本イベント。
前回までの西館での開催ではなく、今回は東京ビックサイトの東7・8ホールで行われます。
聞き慣れないエリアですが、東京オリンピックに備えて作られた新エリアとなります!
また、参加は国内に留まらず、海外からの参加ブースもあり、例年多くの人で賑わうイベントです。

■どんなものがあるの?

アナログゲームのイベントと一口に言ってもその内容は様々。
定番とも言えるボードゲームの数々や世界的トランプ競技の紹介、様々な色や形のサイコロや彩りのある小物の販売に知育教材に至るまで幅広い取扱いがあり、
お子さんからご年配まで幅広く訪れ、まだ遊んだことが無いけれど興味がある人も気軽に楽しむことが出来るイベントとなっています。
また、知名度の高い作品をスマートフォンゲームとした作品の紹介を行っている所もあります。

■多くの企業が参加!

今回、企業参加は合わせて45社。
大きなコーナーとしてはオインクゲームズが去年大賞を受賞した「海底探検」をはじめとした豊富なゲームの数々を展開。
R&Rステーションの体験スペースでは様々な人気ゲームを実際に触れて楽しめる他、来年頭に発売される予定の新作の販売も企画されています。
また、海外からはTaiwan Bordgame Designが本国選りすぐりのゲームを紹介してくれる事でしょう。
その他トレーディングカードゲームの企業も参加されています。

他企業のブースは東7ホールの壁沿いに配置され、今後発売される予定の作品を先行して遊ぶことが出来たり新作をいち早く購入する事が可能です。
中には印刷会社が自社の設備を使ってこんなゲームが作れますよ!というアピールをしていたり、ワンナイト人狼ではエイプリルフールネタを形にしてしまったものが。
スマートフォン・3DSアプリに移植され人気を博した「シェフィ-Shephy」発売元の冒険企画局ではゴリラ体験をほのめかしたり……とその形や種類は様々。
普段お店やネット上で商品やグッズを売っているお店も、沢山訪れる参加者を前に、自慢の商品を紹介してくれる事でしょう。

■ゆったり遊べるスペースも。

東8ホールではこどもゲームコーナーやどうぶつしょうぎ体験場が設けられていて、親子揃って楽しめるゲームが幾つも用意されるとの事。
もっと本格的に色々遊んでみたい!という方には同ホールにてアナログゲームを遊べるお店が出張して、プレイスペースを用意してくれます。
ひょっとしたら気軽に足を運べる行きつけのお店が増えるかもしれませんね。

今回は屋内にて飲食スペースが設けられ、しっかりした食事、軽食、甘いデザートを食べつつ休憩もできるようになっています。
人込みの中に長時間いると疲れそうで、とお悩みの方は東8ホールを見て、アナログゲームに触れてみては如何でしょうか?

■最新の作品のチェックも楽々。

東8ホールの奥では新しいゲームの展示コーナーが設けられています。
今回からの試みという事で、中々作品に目が通せなかったという方も内容をチェックしやすくなることでしょう。
勿論アナログゲームにどういったものがあるのか気になる人にとっても便利になりますね。

■様々な作品を見てみよう!

勿論このイベントに参加するのは企業ばかりではありません。
自分で作ったゲームを見て貰いたい、遊んだゲームの内容を知ってほしい、こんな道具を作ってみた――
クトゥルフ神話用のグッズやシナリオ集であったり、今年人気を博した名作を彷彿とさせるようなゲーム作品であったり。
大きな大会が開かれるカタンの戦術を紹介した冊子や個性溢れるアクセサリー等々……
全国各地で創作活動をされている意欲的な人達が、その成果を持ち寄って集うのです。
その数なんと477団体!趣を凝らしたものから手軽に遊べる作品まで数多く、体験可能な所もある事でしょう。

東7ホールの大部分は、ボードゲームを中心とした作品が、東8ホールでは子供でも気軽に出来る作品を中心に、それぞれのスペースで目にする事が出来るでしょう。
もし眺めて気に入った作品があったら、是非手に取って貰えればと思います。
また、購入したゲームをすぐにでも試してみたい!という方は東8ホール入り口の正面にフリースペースが設けられるとの事なので、実際に開けて遊んでみるというのもいいかもしれませんね。

そう、ゲームマーケット一番の見どころは意欲作を持ち込み紹介を行う彼らなのです!

■ゲームブック、テーブルトークRPG、リアル謎解き。そして……

アナログゲームは一般的にボードゲームを想像する事が多いでしょう。
しかしその種類は様々。一冊の本に書かれた順にページをめくり物語を進めるゲームブック。
紙とペン、そしてサイコロを使ってキャラクターを作り皆で物語を作り上げるテーブルトークRPG。
ここ数年であちこちに展開が見られたリアル脱出ゲーム、リアル謎解き。
そして今回は、そのリアルさにRPGを足した、その名もずばり「リアルRPG」が会場に登場します!
その場でパーティーを組み、会場に潜む敵と戦ってみては?
参加料金は500円、体験時間は60~90分となっています。
この機会に様々なアナログゲームに触れて、楽しんでいきましょう。

■皆さんも、ゲームマーケット2016秋に参加してみましょう!

様々な楽しみの集まるこの一大イベント。
当日販売、或いは既に販売されているカタログ(税込み1500円)や会場マップ(税込み1000円)が入場チケットとなります。
小学生以下のお子様は家族同伴で、中学生・高校生は学生証の提示で会場マップが無料配布されます。
様々なアナログゲームに触れて楽しみ、皆で盛り上がれるこのイベント。
この機会に是非足を運んでみて下さい!

ゲームマーケット2016秋

開催日  :2016年12月11日

会場   :東京ビックサイト(東京国際展示場) 東7,8ホール

入場料  :1000円(カタログマップ 入場チケット付き)
      1500円(カタログ 入場チケット付き)
      どちらでも入場可能です。
※小学生以下は保護者同伴で入場無料、中学生及び高校生は学生証の提示で入場チケットが無料になります。

主催・運用:株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事