ボードゲーム|究極の知的エンターテイメント

Alternate reality game
アナログゲーム

みんなでほんわか!『ひつじがいっぴき』

みんなでほんわか!『ひつじがいっぴき』

 

大人気ゲーム「街コロ」製作したグランディング社から発売された、とってもやさしいカードゲームです。

「ひつじカード」と呼ばれる手札36枚のイラストは全て、絵本「ふわふわのくま」で有名な原田みどりさんの描き下ろしです。

 

「ひつじがいっぴき」を開けてみよう

 

おお、開封前からかわいいイラストですね。 では早速中身を拝見……。

36枚の手札と、18枚の「おたから」カードが入っています。 ルールは日本語、ドイツ語、英語、フランス語の4枚。
中身もやっぱりかわいい…でも、数字が書かれてない!?


…そうなんです。絵柄を楽しむために、カードには数字や記号が一切ないのです。 この絵の中にいる羊の数が数字代わりです。 子どもさんなら、指をさして数えられますねー。

「ひつじがいっぴき」はこんなゲーム

ざっくりいうと、手札を0にして「おたから」カードを集めて勝利するゲームです。シンプルですね(笑)

 

羊を増やしていこう

まず、全員に手札を5枚ずつ配ります。 最初のプレイヤーが「羊が1匹」と言いながら1匹描かれたカードを場に出 し、次の人は「羊が2匹」と言って、2匹描かれたカードか、合計2匹になる ようにカードを出します。 次の人は「羊が3匹」です。2匹のカードと1匹のカードを組み合わせてもい いし、1匹のカードが3枚あれば、3枚出しても構いません。とにかく合計数 が「前の人より1匹多い」ように出せばいいのです。
しかし、「羊が2匹」の後に、羊が4匹のカードは出せません。必ず「1匹だけ」多くないといけないわけです。

そうして羊の必要数は1匹ずつ増えていき、ちょうどの数が出せなければパスをして、山札から1枚取ることになります。

「おたから」カードを集めていこう

 


手札がなくなったプレイヤーは、「おたから」が描かれたカードが1枚もらえます。 このカードに描かれたおたからの数もランダムです。 これを集めるのが目的です。

特殊な効果のあるカード

 

羊が1匹しか描かれていないカードは、場の羊の数を「1匹」に戻す効果があります。ただし、手札が残り1枚の時には、1匹のカードは出せません。 1匹のカードは微調整にも最適ですし、このカードの使いどころがカギですね。

「おたから」を集めて勝利!

 


最終的に、「おたから」を合計5個以上集めたプレイヤーの勝利です!

 

「ひつじがいっぴき」で遊んでみた

今回は4名で遊んでみました。


赤くん「僕からかな?じゃあ、”ひつじがいっぴき”!」

最初はサクサク

 

1周目はみんな余裕の様子。カードの偏りが少なかったのでしょうか。 しかし、2周目になると雲行きが怪しくなってきます。

 

パスが出る!おたからも出る!

 

青くん「6匹、出せないよー!7匹ならよかったのに!…”パス”するよ…」
さて、初パスが出ました。次は緑くんの番ですが、6匹出せるでしょうか?

緑くん「へへーん!私は1匹だけのカードを使ってリセットするよ!”ひつじが…いっぴきー”!」
オレンジくん「おお、緑くんありがとう!実はこの2枚で手札がちょうどなくな るんだよね。 “ひつじがにひき”!おたからカード、1枚もーらいっと…ちぇ、1つ!」

おたからカードは、みんなに見えるように表向きに置きましょう。
さてさて、誰かがおたからカードを引くと1ラウンド目終了。ひつじカード を配りなおして、再出発。 そこからどんどんラウンドが進み…?

赤くん「うーん、もう手持ちが1枚しかない…。しかーし!このカードは”ひつじがさんびき”なのだ!ふふふ、おたからカードを引くぜ!…おお…!」

緑くん「赤くんのリアクションが怖い…!って、3個だと…!?」

おたからが集まって、見事大勝利!

……4ラウンド目、幸運にも、合計6個の「おたからカード」を手にした赤くんの勝利に終わったのでした。

 

 

もう一つの遊び方

実は、このゲームにはもう一つの遊び方があるのです。 今度は1人でも、6人以上でも遊べます。

物語仕立ての手札たち

(手札がばらばらと散らばった写真)
この「ひつじがいっぴき」、手札は36枚すべて別のイラストです。 この中には3種類のストーリーが展開されています。 ストーリーを想像しながら、カードを分けていきましょう。
「きっとこのカードから話が始まるんだよ」 「このカードはこっちに分けるんじゃない?」
などと、わいわい話し合いながらオリジナルストーリーが作れちゃいます。

正解も勝敗もない、羊たちの世界

(手札カードをランダムに並べた写真)
こちらの遊び方には、正解はありません。ルールには書かれてないのです。 だから、正解もないし、間違いもないのです。 みんなでストーリーを作り上げていってもいいし、それぞれが自分で考えた ストーリーを発表しあうのもいいかと思います。
…もちろん、1人の時間を使って、じっくり考えるのも素敵。

ここにあるのは、あなたと羊たちだけの世界です。

 

総評

「ひつじがいっぴき」のここが好き!

シンプルなルールだからこそ、バランスを考えてしっかりと練りこまれている印象です。 みんなで楽しめるように、ルール構築とカードが工夫されています。

単純・シンプルなルールだけではなく、ランダム要素が強いので、小さなお子さんがいる場合は、他のプレイヤーが 一緒に数を数えても遊べるのではないでしょうか。

そういった意味で、小さなお子さんが一緒にいらしても、大人のプレイヤーの負担が少ないという利点も大きいかと思います。

数回プレイしてルールに慣れれば、お子さんだけでも遊べると思います。

小さく軽いパッケージなので、ゲーム会や友達の家に持っていくのにかさばらないというのは、ポーンやコインを使わないカードゲームならではの利点ですよね。

このイラスト、もっと見たい!?

「ひつじがいっぴき」のイラストに惚れ込んだ方、多いんじゃないでしょうか?

というわけで、イラストレーターである原田みどりさんの絵本のレビューも書きました! こちらのリンクから、ぜひどうぞ♪

https://revua.jp/items/huwahuwa-no-kuma/

 

「ひつじがいっぴき」の作品情報

名 称 : ひつじがいっぴき

プレイ人数: 2~5人

所要時間: 5分

対象年齢: 5歳以上

内容物 : カード全50枚(ひつじカード36種・おたからカード14種)、説明書 4カ国分

出版: グランディング株式会社

「コノス」でもお買い上げいただけます!

https://conos.jp/products/hituji-ga-ippiki/

ご興味のある方はぜひ、お手に取ってくださいませー!


ボードゲームは初心者だがTRPG歴は長い。計算は苦手だが賽の目の計算だけは一瞬でできる特技を持つ金髪バンドマン。
名字は「おしだり」と読むらしい。

この記事にコメントする

Lost Password

Sign Up